薬剤投与による抜け毛

抜け毛の原因に薬剤投与によるものが挙げられます。がん治療の際に投与される抗がん剤やC型肝炎の治療薬であるインターフェロンなどの副作用があります。

抜け毛の原因となる薬剤は他にもあるのですがこれらの薬が最も症状があらわれやすいのです。

これらの薬の副作用として抜け毛が起こる原因としては薬自体の毒性が強いことがあります。がん細胞などを妨げる働きももちろんあるのですがそれ故に健康的な細胞さえも時には壊してしまうのです。

髪の毛の毛母細胞は最も薬剤の被害を受けやすくなっており長期で服用したり塗布したりすれば真っ先に影響を受けてしまうのです。

続きを読む