抜け毛とホルモンの関係

抜け毛の原因となる睡眠不足ですが、睡眠中に分泌されるホルモンも関係していることが分かっています。

人間は睡眠中に様々な成分を作り出しています。身体の機能は停止していますが、良質なタンパク質やホルモンはこの睡眠中に作り出されるのです。

髪の毛もタンパク質で出来ているので、睡眠をしっかりと取らなければ抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛自体もパサついたりツヤがなくなったりします。コシやハリのある髪の毛を作るためにも、睡眠時間は十分に取らなければならないのです。

続きを読む

抜け毛に原因にホルモンが!

抜け毛の原因にはホルモンの異常もあります。特にジヒドロテストステロンというホルモンは、抜け毛に大きく関係しているのです。

これは男性ホルモンの一種で、強力な脱毛作用を持つ活性型のタイプです。このホルモンが、毛乳頭にあるレセプターと結びつくことで、髪の毛の生長を抑制させる信号を出すのです。それが発毛周期を休息期に追い込むことになり、結果として抜け毛の原因となる訳です。

続きを読む

ホルモンを抑制して抜け毛を予防しよう

抜け毛の原因になっているジヒドロテストステロンですが、5αリダクターゼというホルモンを抑制することで、その生成を予防することが出来ます。

フェナステリドやミノキシジル、デュタステライドなどの成分が効果的とされており、天然成分では亜鉛やノコギリヤシが挙げられます。これらを併用して使うことで、抜け毛の原因を抹消できるでしょう。

続きを読む