抜け毛予防の方法は?

抜け毛の原因が薬剤投与によるものであれば予防方法としては薬剤の投与を中止する他ありません。または副作用の少ない薬剤に変えることです。

薬剤が抜け毛の原因だった場合には本来正常に活動していた毛髪の新陳代謝を薬剤が阻害していただけなので育毛や発毛の対処をしなくても自然と元通りになるのです。

しかし抗がん剤のように投与を中止するのが難しい場合に、投与を続けたままで抜け毛を抑制するのは大変難しく、また発毛・育毛対策を行っても上手くは行きません。

発毛と薬剤投与を同時に行うことは不可能に近いのです。

更に髪の毛全てが抜けてしまい、その状態で長い期間が経過していれば、毛根の機能が停止している場合があるので、発毛を促すのが難しくなります。薬剤投与を中止したとしてもすぐには生えて来ないでしょう。

抜け毛の原因は様々ありますが薬剤投与によるものが一番困難を極めるかも知れません。それは病気の治療の方が優先されるため抜け毛のことは後回しとなるからです。

がんやC型肝炎などの治療を行う際にはこの副作用があることをきちんと理解しておかなければなりません。若い女性や小さい子供さんなんかは辛いと思いますがまずは病気を治すことが先決なのです。

この状態であっても絶対に生えてこないという訳ではなく、抜け毛の原因となっているものを取り除けばいつかは必ず生えてくると思います。それまではカツラやウィッグ、帽子などを利用してカバーしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です