薬剤投与による抜け毛

抜け毛の原因に薬剤投与によるものが挙げられます。がん治療の際に投与される抗がん剤やC型肝炎の治療薬であるインターフェロンなどの副作用があります。

抜け毛の原因となる薬剤は他にもあるのですがこれらの薬が最も症状があらわれやすいのです。

これらの薬の副作用として抜け毛が起こる原因としては薬自体の毒性が強いことがあります。がん細胞などを妨げる働きももちろんあるのですがそれ故に健康的な細胞さえも時には壊してしまうのです。

髪の毛の毛母細胞は最も薬剤の被害を受けやすくなっており長期で服用したり塗布したりすれば真っ先に影響を受けてしまうのです。

しかしこの抜け毛は薬剤が原因となっているので一時的なものでもあります。薬剤の投与を中止することで発毛が促進されます。ですががん治療などの場合には長期に渡るため頭皮の毛細血管自体が機能を失ってしまう恐れもあります。

だからと言って全く髪の毛が生えてこなくなるという訳ではないので根気と努力が必要になります。

まずはしっかりと病気を治すことから始めましょう。病気が治れば薬剤の投与をしなくてもよくなるので発毛や育毛はそこから行ったのでも遅くはありません。

最近はウィッグやカツラなどの性能も上がってきているので薄毛だとしても目立ちません。当分はそういったもので対処しても良いでしょう。

副作用が少ない薬剤もあるのでどうしても気になるようであればそういったものを利用しても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です