抜け毛の原因について

抜け毛の原因となるものに薬剤があります。薬剤というのはスタイリング剤やパーマ液、カラー剤などです。

まずスタイリング剤ですがつける分には一向に構わないのですが落とす時が問題です。

女性が化粧をしても十分に落としきれてないと、汚れが毛穴に詰まりそれが肌トラブルの原因となってしまいます。スタイリング剤も同じなのです。頭皮に汚れが残らないように、まずはしっかりとすすいでそれからシャンプーで汚れを落としましょう。シャンプーも頭皮を中心に洗いましょう。

パーマ液やカラー剤は液自体が酸性です。そのためタンパク質を溶かしやせ細らせてしまうのです。痩せて細くなった髪の毛は抜けやすくなります。またパーマやカラーを繰り返すことで頭皮が痛み毛穴が緩くなってしまいます。

特に自分でヘアケアを行う場合には十分に注意して欲しいと思います。髪の毛に関する知識が少ないので間違ったケアをしてしまいがちです。

美容院で行う際にもなるべく成分の弱いものを利用するようにしましょう。髪の毛に良い成分を使用している美容院を調べても良いかもしれません。

しかしカラーやパーマをしていても綺麗な髪の毛を保っている方はたくさんいます。その方々はその後のヘアケアをきちんとしているためだと思います。

抜け毛の原因となることをすでにしてしまっているので、これ以上髪の毛を傷めないために、髪の毛に良い食事をしたり頭皮マッサージをしたりすると良いでしょう。お風呂にゆっくりと浸かるのもお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です