飲酒・喫煙と抜け毛の関係

抜け毛の原因に飲酒や喫煙が関係しているということがあります。

アルコールは適量を摂取すれば血行を促進して毛母細胞を活性化させる働きがあるのですが過度の飲酒は肝臓に負担をかけるため、髪の毛への栄養供給の妨げとなってしまいます。

結果として薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。

同じように喫煙も抜け毛の原因となります。タバコの中に含まれているニコチンは血管を収縮させる働きを持っています。そのため血管が詰まりやすくなり皮脂などが溜まって外に出て行かなくなるので頭皮環境が悪くなり抜け毛を促進させてしまうのです。

また血管を収縮させるので髪の毛に必要な栄養分の供給もストップしてしまいます。

飲酒や喫煙は特に男性の方が多いと思います。そのため男性の方が脱毛症の方が多いという結果を招いているのかも知れません。

しかし最近では女性でも飲酒、特に喫煙をする方が増えてきています。女性の喫煙は将来子供を産む際にも影響してくるので早い段階で止めた方が良いのです。抜け毛の原因にもなるので全く良い事はありません。

こういった原因があったとしても飲酒や喫煙はなかなか止められないものだと思います。一種のストレス解消にしている方もいるので他の方法を見つけなければなりません。

髪の毛のためだけではなく、全体的な体の健康を保つ意味でもほどほどにした方が良いでしょう。

ストレス解消法を別に見つけて段々と量を減らしていくと良いかも知れません。またはこれが抜け毛の原因と分かればすっぱり止められるかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です