遺伝は母親側が原因?!

抜け毛の原因が遺伝である場合、両方の親が髪の毛が薄いか母親が薄い、母親の家系が薄いというのが原因として多く挙げられます。

これに当てはまる男子は、ほぼ確実に抜け毛になると言われているのです。父親の体質よりは、母親の体質の方が受け継ぎやすいというのが原因にあります。

しかし抜け毛対策をきちんとすれば、現状維持出来たり、抜け毛の時期を遅らせることが出来ます。

まずは原因を究明することから始めてみましょう。両親が薄毛でないからと言って安心せずに、その直系の家族まで調べてみましょう。

抜け毛になったとして、その原因を突き止めることが難しい場合には、病院やクリニックに行くと詳しい検査をしてもらえます。そこで病的要因なのか、環境要因なのか、遺伝要因なのかもはっきりさせられるのではないでしょうか?

自分が今抜け毛で悩んでいて、将来的に子供が欲しいと考えている方は、遺伝するかも知れないという事を念頭に置いておいた方が良いでしょう。特に女性で抜け毛体質の方はなお更です。

女性が今現在抜け毛対策をしたとしても、受け継がれるのは体質なので、体質改善をすることを目的に行った方が良いかも知れません。早い段階で対策すれば、抜け毛体質自体を改善できるのです。

改善するにはやはり正しい生活を送ることだと思います。バランスの取れた食事や睡眠をしっかり取る、ストレスを溜めない、喫煙をしないなど注意して過ごしてみましょう。それが将来的に子供のためにもなるのです。