遺伝と抜け毛の関係

抜け毛の原因に遺伝が関係している説は、昔から唱えられているものです。遺伝が原因で起こるのは、主に男性型脱毛症で男性の約半数の方がなると言われています。

女性でも10%~20%の方がいずれは、発症すると言われているのです。

遺伝と言っても抜け毛自体が遺伝するのではなく、体質が遺伝するのです。アレルギーなども、体質が遺伝するために親から子へと受け継がれるのです。

血縁者に抜け毛が多い方がいれば心配すると思います。俗に隔世遺伝だと言われているので、祖父や祖母が脱毛症の場合には注意しておいた方が良いかも知れません。


抜け毛は早い方では10代のうちから発症します。10代は皮脂の分泌も盛んであり、男性ホルモンの分泌も盛んなので、頭皮環境が悪くなり抜け毛の原因となっているのかも知れません。

10代のうちに抜け毛が始まれば、真っ先に遺伝が疑われますが、自分の頭皮環境を一度見直してみた方が良いかも知れません。

きちんとケアすればまた髪の毛も生えてくるので、早期発見早期治療が重要となるのです。

抜け毛が遺伝するというのは、実際にはまだはっきりと解明されていません。体質としては、男性ホルモンが頭部に運ばれやすいということが分かっているくらいなのです。

多くの方が脱毛症にはなるので、万が一発症したとしてもそれほど気にする必要はありません。最近はケア商品もたくさん販売されているのです。

若いうちは周りの目も気になると思いますので、髪の毛でカバーしたりウィッグやカツラを利用しても良いでしょう。