ホルモンを抑制して抜け毛を予防しよう

抜け毛の原因になっているジヒドロテストステロンですが、5αリダクターゼというホルモンを抑制することで、その生成を予防することが出来ます。

フェナステリドやミノキシジル、デュタステライドなどの成分が効果的とされており、天然成分では亜鉛やノコギリヤシが挙げられます。これらを併用して使うことで、抜け毛の原因を抹消できるでしょう。

これらの成分は育毛剤やシャンプーなどに配合されているものもあります。これらのアイテムを購入する際には、成分表示をよく見て入っているものを購入すると良いでしょう。

また亜鉛やノコギリヤシといった天然成分は、食事やサプリメントによって取ることが出来ます。

亜鉛は麦やカキなどに含まれるミネラルの一種です。一般的な食事の中にも取り入れやすいので、毎日の食事の中に意識して入れてみましょう。

ノコギリヤシは北アメリカに広く分布している植物です。ハーブの一種ですが、そのままではなかなか食べることは難しいので、サプリメントやハーブティとして取り入れると良いでしょう。

これらの成分は抜け毛の原因を抹消させるだけでなく、生活習慣病の予防にもなります。抜け毛は生活習慣病のサインでもあるので、一緒に治して行きましょう。

男性ホルモンですが、最近は女性の社会進出が目覚しいので、女性にもこれが原因で抜け毛となっている場合があります。

女性用の育毛剤などにも、このホルモンを抑制する成分が配合されているものがあるので利用してみましょう。