抜け毛に原因にホルモンが!

抜け毛の原因にはホルモンの異常もあります。特にジヒドロテストステロンというホルモンは、抜け毛に大きく関係しているのです。

これは男性ホルモンの一種で、強力な脱毛作用を持つ活性型のタイプです。このホルモンが、毛乳頭にあるレセプターと結びつくことで、髪の毛の生長を抑制させる信号を出すのです。それが発毛周期を休息期に追い込むことになり、結果として抜け毛の原因となる訳です。

このホルモンは抜け毛の後の新しい毛母細胞にも作用して、髪の毛を細くしたり切れやすくしたりします。早期に発見して対策をしないといけないのです。

毛母細胞の活動が抑制されると血流が低下するので、栄養が髪の毛まで行き届かなくなり結果的に抜け毛を招いてしまうのです。

髪が薄く抜け毛があるグループと、髪の毛の濃いグループに分けて血流の測定を行ったところ、抜け毛がある方が約2割も血流が低いという結果が出ています。これを見ても抜け毛の原因に、ホルモンや血流が関係していることが明らかですね。

また同じように皮脂量を検査したところでは、抜け毛がある方が分泌される皮脂量が多いことが分かっています。皮脂量が多いと、このホルモンやシャンプーなどのカスと結びついて、毛穴に詰まり髪の毛の生長を抑制させてしまいます。そうなるとまた抜け毛が増えるということになるのです。

女性にも抜け毛があるのですが、何も要因が思い当たらない場合には、このホルモンが分泌されているのかも知れません。一度病院で検査してもらった方がよいかも知れませんね。