頭皮の炎症は雑菌も関係してる?

抜け毛の原因である頭皮の炎症のほとんどが、頭皮に合わないシャンプーを使っていたり、カラーやパーマのやり過ぎなど外的要因です。

しかし雑菌やダニの繁殖によって炎症を起こし、それが抜け毛の原因となっている場合もあるのです。

雑菌やダニの一部は、皮の毛穴に入り込んで、毛根付近の養分をエサとして異常繁殖します。その結果として抜け毛が起こっているのです。

皮膚には元々皮膚ブドウ球菌やマラセチュア、アクネ菌など20~30種類もの皮膚常在菌というのが居ます。この細菌たちが髪の毛の成長サイクルを乱しているのです。

髪の毛は鬱蒼としており、菌の繁殖に適している環境になっているので、頭皮にはその他の皮膚より菌の量が多いと言われています。しかしこれらの細菌は、頭皮にとっていなくてはならない存在なのです。

毛母細胞と絶妙なバランスを取っており、善玉常在菌が頭皮に天然の保護クリームである皮脂膜を形成して、滑らかに潤った状態にしてくれます。

しかしこのバランスが崩れると、悪玉常在菌が繁殖するので抜け毛の原因となる訳です。悪玉が異常繁殖するのには、洗い残しのシャンプーやスタイリング剤などがあります。

この細菌によって皮膚が炎症を起こしているのであれば、まずは菌を殺すことから行わなければなりません。そして元の頭皮状態に戻すことが必要なのです。

元の頭皮状態に戻れば善玉常在菌が繁殖しだすので、自然と炎症も治まり抜け毛もなくなってくるでしょう。

フケなどが異常に多い場合には、菌が関係している場合があるので、一度病院で検査してみましょう。