抜け毛の原因と頭皮の炎症

抜け毛の原因には頭皮の炎症もあります。頭皮が炎症を起こす原因には、粗悪なシャンプーの使用やカラー剤、整髪剤、パーマ剤を頻繁に利用することが挙げられます。

粗悪なシャンプーはシャンプーをした際に、頭皮がひりひりとしたり激痛を伴うものです。激痛がある場合はかなり粗悪なシャンプーですので、すぐに使用を中止して下さい。頭皮も炎症を起こしているかも知れないので、一度病院に行った方が良いでしょう。

整髪剤は髪の毛の先につける程度であれば、毎日使用しても構いませんが、スプレーなどのように頭皮に直接かかるような場合にはあまり多用しない方が良いでしょう。使用した日は必ず念入りにシャンプーをしましょう。髪の毛だけでなく頭皮も洗浄するのです。

カラー剤やパーマ剤は酸性の液体になっています。特にブリーチは頭皮に多大なる影響を及ぼします。パーマ剤などを使用している最中にひりひりとするようであれば、すぐに使用を中止した方が良いでしょう。

美容院で行う場合には、成分が頭皮に負担をかけないものを使用していると思いますが、それでもやりすぎは禁物なのです。抜け毛の原因になるだけでなく、髪の毛自体も傷めてしまうので細くて切れやすくなります。

頭皮環境が悪ければ、新しく髪の毛が生えてきても切れやすく、枝毛なども起こりやすくなります。まずは頭皮環境を整えることが重要なのです。

頭皮が炎症を起こしている場合には、痒くても掻かないように気をつけましょう。掻くことによって頭皮が傷つき、更に抜け毛の原因となってしまいます。