抜け毛とホルモンの関係

抜け毛の原因となる睡眠不足ですが、睡眠中に分泌されるホルモンも関係していることが分かっています。

人間は睡眠中に様々な成分を作り出しています。身体の機能は停止していますが、良質なタンパク質やホルモンはこの睡眠中に作り出されるのです。

髪の毛もタンパク質で出来ているので、睡眠をしっかりと取らなければ抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛自体もパサついたりツヤがなくなったりします。コシやハリのある髪の毛を作るためにも、睡眠時間は十分に取らなければならないのです。

昼に紫外線などによって受けた髪の毛のダメージは、睡眠中に分泌されるホルモンによって補修されます。そういったことからも、睡眠が抜け毛予防になることが分かります。

年齢を重ねるごとに日々の疲れは取れにくくなります。10代の頃は徹夜をしても平気だったのに、20代も後半になると、徹夜はおろか夜起きていることも難しくなります。そして仕事などで深夜遅くなった場合には、かなり疲労して家に着いたら、そのまま何もせずに眠っていたという状態も起こるのです。

こういった不規則な生活は抜け毛の原因となるだけでなく、生活習慣病の引き金にもなりかねません。人間の人生の3分の1は睡眠だと言われているので、しっかりと取るように心がけましょう。

どうしても睡眠が無理な時は、リラックス出来る環境で30分でも良いので体を休めるようにしましょう。短い時間でも心身ともにリラックス出来れば、ホルモン分泌が正常になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です