抜け毛と血流の深い関係

抜け毛の原因には血流も関係しています。

目に見える髪の毛というのは、すでに死んでしまっている細胞です。しかし毛穴の奥は、生きている細胞で構成されているので、それがこの髪の毛に必要な養分を与えているのです。

毛根は毛細血管と繋がっているので、そこから養分を得ることが出来ます。つまりこの毛細血管が上手く流れていないと栄養分も、髪の毛まで行き届かずに抜け毛の原因となってしまうのです。

続きを読む

抜け毛に原因にホルモンが!

抜け毛の原因にはホルモンの異常もあります。特にジヒドロテストステロンというホルモンは、抜け毛に大きく関係しているのです。

これは男性ホルモンの一種で、強力な脱毛作用を持つ活性型のタイプです。このホルモンが、毛乳頭にあるレセプターと結びつくことで、髪の毛の生長を抑制させる信号を出すのです。それが発毛周期を休息期に追い込むことになり、結果として抜け毛の原因となる訳です。

続きを読む

ホルモンを抑制して抜け毛を予防しよう

抜け毛の原因になっているジヒドロテストステロンですが、5αリダクターゼというホルモンを抑制することで、その生成を予防することが出来ます。

フェナステリドやミノキシジル、デュタステライドなどの成分が効果的とされており、天然成分では亜鉛やノコギリヤシが挙げられます。これらを併用して使うことで、抜け毛の原因を抹消できるでしょう。

続きを読む

遺伝は母親側が原因?!

抜け毛の原因が遺伝である場合、両方の親が髪の毛が薄いか母親が薄い、母親の家系が薄いというのが原因として多く挙げられます。

これに当てはまる男子は、ほぼ確実に抜け毛になると言われているのです。父親の体質よりは、母親の体質の方が受け継ぎやすいというのが原因にあります。

続きを読む

血流を促進させるには

抜け毛の原因である頭皮の血流を促進させるためには、マッサージが一番効果的です。マッサージと言ってもただ頭を揉むのではなく、ツボを的確に押していかなければならないのです。

血流を促進させるためのツボは百会、上星、臨泣というツボを毎日押すことが重要です。まず頭全体を軽くポンポンと20回程度刺激して、各ツボを8回程度中指の腹で押していきます。

続きを読む

頭皮の炎症がある場合の対処法

抜け毛の原因が頭皮の炎症の場合、対処法としてまず最初に行うことはその原因物を取り除くということです。

シャンプーが原因なのか、パーマやカラーのやり過ぎが原因なのかというのを、しっかりと見極めて対処することが重要なのです。

シャンプーが原因なのにそのシャンプーを使い続けていれば、炎症はずっと治らないのです。

抜け毛が気になりだして、思い当たる原因がない場合に病院に行くと、炎症を発見される場合があります。その際は塗り薬などを処方されるでしょう。薬を貰った場合には、薬の効果を薄れさせないシャンプーやスタイリング剤を使用する必要があります。

続きを読む

男性の抜け毛原因

抜け毛の原因には様々な要因が重なって起こります。その一つに性別による抜け毛があります。

男性特有の抜け毛の原因は男性ホルモンが原因だと言われています。男性の抜け毛は「AGA」と呼ばれ、これは男性型脱毛症の略称になります。

男性の抜け毛が起こるのは早くて高校生、青年期を迎える頃からだと言われています。頭のてっぺんから薄くなってくるタイプとおでこのあたりから薄くなってくるタイプがあります。

昔は遺伝が関係していると言われていましたが今は食事や生活環境が原因となっている場合もあります。

続きを読む

遺伝と抜け毛の関係

抜け毛の原因に遺伝が関係している説は、昔から唱えられているものです。遺伝が原因で起こるのは、主に男性型脱毛症で男性の約半数の方がなると言われています。

女性でも10%~20%の方がいずれは、発症すると言われているのです。

遺伝と言っても抜け毛自体が遺伝するのではなく、体質が遺伝するのです。アレルギーなども、体質が遺伝するために親から子へと受け継がれるのです。

血縁者に抜け毛が多い方がいれば心配すると思います。俗に隔世遺伝だと言われているので、祖父や祖母が脱毛症の場合には注意しておいた方が良いかも知れません。

続きを読む